HOME » リノベーションの基礎知識 » リノベーションのメリット

リノベーションのメリット

中古で購入したマンションをリノベーションすることで得られるメリットと、その逆のデメリットをそれぞれ紹介していきましょう。

リノベーションはメリットがいっぱい

◎新築で購入するより安価で、新築並みの空間が得られます。

リノベーションのメリット同じような条件や面積、間取りなど、中古マンションと新築マンションで比べてみると、圧倒的に中古マンションは購入費用がリーズナブルになります。その差額分の費用を使ってリノベーションすれば、希望通りのデザインや間取りの住まいを手にすることができるのです。

しかも中古とは言えど、住空間は新築並みの快適さがあります。

◎住む場所の選択肢が広がります。

新築マンションを購入する場合、住みたいと思うエリアに物件がないことも。どうしても新築を優先するなら、物件ありきで住む場所を選ぶことになるでしょう。はじめからリノベーションを前提に中古物件を探すなら、交通や住環境など様々な立地条件の希望にあった物件を選ぶことができるのです。

◎注文住宅のように自由に設計・デザインがOK。

間取りや内装を自分の思うように設計・デザインできるのがリノベーションのなによりの強み。マンションの構造や規制によって制約はありますが、それでも自由度は高いでしょう。新築のマンションであっても大抵の物件は、誰にでも好まれる無難な仕様になっているものです。だからこそ設計やデザインを楽しみたいこだわり派には、リノベーションがお奨めできるのです。

リノベーションのデメリット

×あくまでも専有部分のみしかリノベーションできません。

マンションは専有部分と共有部分があります。リノベーションできるのは室内の専有部分のみ。玄関やバルコニー、窓サッシは共有部分に該当するため、勝手に変更することはできません。また窓の位置や大きさも変えられない場合がほとんどです。いずれにしても購入を決める前にマンションの規約を確認することを忘れずに。

×ローン金利が高くなる可能性有り。

新築物件やリノベーションが予め済んだ物件なら住宅ローンを利用できますが、中古物件を購入後にリノベーションする場合は、その費用は住宅ローンの適用外となってしまい新たにローンを組む必要があります。リノベーションの費用は住宅ローンではなく、通常金利が高いリフォームローンになります。

横浜のマンションリノベーション会社おすすめ3選

【免責事項】

このサイトに掲載している情報は、すべて個人で収集したものです。
正確な情報については、必ず各不動産会社の公式ページを確認してください。<2016年3月>