HOME » リノベーションの基礎知識 » リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションの違いはなかなかわかりづらいものです。業界でも混同して使っているところもありますからね。ここではそれぞれの違いを4つのポイント(工事範囲・費用・性能・資産価値)で比較して、明確にしてみたいと思います。

リフォームとリノベーションの違いをチェック

[工事範囲]

リフォームとリノベーションの違いリフォームでの工事範囲は比較的小規模なものになります。

キッチンやユニットバスの入れ替えといった住宅設備の変更・修繕、壁紙の張替といった簡単なものがリフォームに分類されるでしょう。

これに対してリノベーションは

  • 間取りの大幅な変更
  • 水道管や配水管の工事
  • 耐震性能を高める補修

のような大掛かりな工事になります。室内をまるごとスケルトンにするような場合もリノベーションに分類されます。

[費用]

リフォームの費用は修繕する場所にもよりますが、一般的な価格相場は以下の通り。

  • 水廻り:10万円~200万円
  • リビングなどの室内:20万円~200万円
  • 外壁や屋根の塗装:50万円~200万円
  • バリアフリー対応:50万円~200万円

くらいが相場のようです。仕様や設備の性能によってもそれぞれ価格が異なってきます。

一方リノベーションにかかる費用は、工事の内容や規模によってまちまちですが、概ね多額の資金がかかります。

目安としては構造部だけを残した骨組みのスケルトンからフルにオーダーしてリノベーションする場合は800万円~1,500万円程度が見込まれます。

内訳としては

  • 工事費
  • デザイン設計料
  • 現場管理料
  • 書類作成手数用・申請手数料

といった諸費用が加わっています。

また、中古マンション購入費とリノベーション費用をセットで組める会社であれば、「リノベーション費用」を新たに捻出する必要はありません。

[性能]

どんなに状態を良くしてもリフォームは中古である事実は変わりません。リノベーションマンションの場合は、ライフスタイルや今主流である生活環境にあわせて変更していくことになるため、性能面でみれば新築時よりもより快適になるでしょう。

[資産価値]

リフォームは“原状回復”に主眼がおかれます。ですから物件の価値自体はそれほど変わらず、年月を経る毎に下がっていきます。リノベーションは、ずばり“新価値創造”されるわけですから、リフォームと比べてみると明らかに付加価値がつくことになり、資産価値が向上します。

横浜のマンションリノベーション会社おすすめ3選

【免責事項】

このサイトに掲載している情報は、すべて個人で収集したものです。
正確な情報については、必ず各不動産会社の公式ページを確認してください。<2016年3月>